普段使っている給湯器から異音がしたなら|修理を業者に頼もう

決めるまでのポイント

お湯

必要な機能を決める

蛇口を回すと気軽にお湯が使えるガス給湯器は家族構成やライフスタイルに合わせて選ぶようにしてください。まずガス給湯器を選ぶ時には、どこまでの機能を必要とするかを考えます。給湯専用にするのか、追い炊き機能も必要なのか、温水暖房機能も必要なのかを決めます。今では小型のガス給湯器を除いて、お風呂の追い炊き機能を備えていることが多く、追い炊きによって快適な湯温が続き、ガス料金も安くできます。最近のガス給湯器はお風呂の湯はりや追い炊きを自動でするだけでなく、設定水位より下がると自動で足し湯をしたり、排水のときに自動で配管を洗浄してくれる機能を持っているものもあります。ガス給湯器に必要とする機能が決まったら、次は号数を選びます。号数は機能と家族構成で決まります。一般的には2人で住んでいる家であれば20号、4人家族であれば24号の大きさがあれば、シャワーと給湯を同時に使っても余裕があります。最適な号数を選ばずに小さい号数を選んでしまうとお湯の量が少なくて使い勝手が悪くなってしまいます。最後にガス給湯器をどこに設置するかを決めます。戸建ての場合には屋外か屋内、マンションなどの集合住宅の場合にはベランダに設置するか収納スペースがあるのであればそこに設置することになります。屋外であっても、壁掛けと据え置きの形があります。屋内や収納スペースに設置する場合には、吸排気が充分にできることを確認しておくことが大切です。

Copyright© 2017 普段使っている給湯器から異音がしたなら|修理を業者に頼もう All Rights Reserved.